おくゆかし貼

イラストレーター大澤ユキのつれづれ

15年目

久々の更新になります。

イラストの紹介も滞っていましたが、本日「cototo」ページにて

1点更新しております。

 

ちょうど14年前に急な転勤で横浜から名古屋に引っ越すコトになり

突然、勤めていた仕事をやめざるおえない状況になりました。

イラストオペレーターとして楽しく仕事をしていて、これからという

矢先だったのでそのショックは相当なモノで、

泣きながら引越しの準備をしていたのを思い出します。

しかも子供はまだ3歳。

知らない土地で、何も分からない、誰も知っている人がいない、

そんな状況にポイっとほおり出されてしまったのです。

 

イラストの仕事は続けたいけれど、まずははじめての

土地で子育てを整えて行く環境が第一優先だと、

再就職は諦めました。

 

その代わり選んだのがフリーランスイラストレーターです。

手探りでWEBを開設しイラストレーターの情報サイトに登録して

少しずつ仕事が入ってきて、今に至ります。14年経ち

そして15年目に突入しました。

 

こんなご姿勢ですが、

仕事を今でも続けられているコトに本当に感謝です。

 

諦めず、チャレンジしてきてよかったと思います。

 

娘にもよく言うのですが、

女性であれば、好きなコトを貪欲に続けて欲しいと思います。

いずれそれが自分自身を支える「強い力」になると思うのです。

 

残念ながら今の娘には全く絵の才能はないのですが(笑

娘が描いたこの絵だけは私にとって今でも宝物です。

名古屋に引越したばかり、不安だらけの毎日だった頃。

この絵に何度励まされたか。

 

今でもたまにこの絵をみてホッコリしています。

 

そして15年目の節目。

できればこれからも貪欲でありたいと思うのであります。

 

f:id:moontha:20181106131723j:plain

3歳の頃の娘の絵